わが生涯に一片の悔いなし  天へ帰るに人の手は借りぬ!!
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
キーワードは「なんかのど乾かねっすか?」
今年はカートランドのスプリントレースには出場するつもりはなかったのですが、「英狩」が発令されてしまったので、これに伴い私も出動!

となったのですが・・・

今回も結構長文になると思います。

先週スゴーの8耐に出た後、いつもの様に出張生活開始となり、全然片付けが出来てない状況で今週のレースに挑むことになりました。

これが誤りの始まりだったんです・・・

ヘルメットもグローブも車に積んでうちを出発・・・が出て直ぐに忘れ物に気がつき家へ戻る。

忘れたのは「規則書や入場パス等が入ってるハイランドの封筒」
かわいいもんです

無事に封筒を持ち、めっちゃ安心してカートランドへ向かうのでありました。

カートランドに着き、実況の準備を行って、さて走行の準備を・・・

あーーー!!!忘れたー

実はすっかり安心してうちを出発したのですが肝心なものを忘れていたのだった。

忘れ物1
「レーシングシューズ」

何やってんだろって感じです。
でも本日履いてきた靴は運転し易い感じのものだったので「まっいっか!」て感じで落ち着いたところ

あーーー・・・

そうです、さらなる忘れ物に気が付いてしまったのです!

忘れ物2
「リブプロテクター」
これはカート乗りしか使用しないものですが、別名「あばらガード」とでも言いましょうか、強烈な横Gからあばらを守るベストみたいなやつ。

もうだめだね。縁起悪ぅ~
って感じで本日は忘れ物キングと化してしまったのである。

英狩第1ピリオド(タイムトライアル)
走行した感じでは、リヤズルズルでつらいな~、ちょっとやばいかも・・・と思いながらもなんとか10分間を走り抜き、出たタイムは

32.933秒

以外にも2秒台が出ていた。
一番驚いたのが3番グリッドであること。
あれ?OKAっちょは?
7番手。なんでー。

英狩第2ピリオド(予選ヒート)
スタート前。
英Gが前か~・・・こりゃスタートで抜かないとやばいな~
なんて思いながらのスタート!
まんまと失敗して前方の2台が離れていく・・・
あ~待って~
後ろから見た感じ、英Gのマシンはあまり調子の良いものではないようでしたが、彼のテクが十分おいらをブロックできる位のもの。
何度かポジションアップを狙ったのでがやはりうまく行かない・・・
予選ヒートは捨てるか。
と思い裏ストレートを走行していたらコントロールラインで赤旗が振られているではないか!
そうです。カートランド名物「計測ミス」による赤旗中断。
(たまに計測が取れないことがあるんですね~)

そうそう、こん時、おいらもそうですがトップのイズミンと2番手の英Gも赤旗に気づいた様でショートカット手前でスローダウンしてましたが、その中なんとぶち抜かれました・・・
たしかにコントロールラインで赤旗を受けてから1周徐行して再度グリッドに戻る。のがルールですが、視野が狭いな~と思いましたね。
もうちょっと回りを見る余裕を持ちましょうね。

で、話は戻ります。
スタートやり直しですよ~
( ̄ー ̄)ニヤリ
と思いながらも今度はスタートミスらないように!
と気合を入れての再スタート!

なんと!スタート成功!
1コーナーで英Gに並ぶ事ができ、有利なイン側にいたおいらはそのまま2番手GET!

作戦成功ですよ!

でもまだ2番手なんです。
今度はイズミンか~
1回目のスタート後、3番手からトップのイズミンを見てたんですが、マシンの具合が良くないようであったのを思い出す。
3周目か4周目だったかな~
3コーナーのインで差したのですが、なんと立ち上がりからダンロップまで2台並走!!
でもって最終コーナーにかけてまたまた有利なイン側に居たおいらがここでトップに立つ!

こっからは壁の無くなったおいら。
独走です(*^-゚)vィェィ♪
最後までマシンが壊れることもなく、無事トップでチェッカーを受けることができました。(*^-゚)vィェィ♪

英狩第3ピリオド(決勝ヒート)
いままでのレースはいわば前座です。
この決勝ヒートで勝たなければ意味がないのである。
仮にタイムアタックと予選ヒートが1位でも、決勝ヒートが3位なら、本日のレースの結果は3位なのである。

くじ引きで引き当てたマシンはそんなに悪くないような噂を聞くが全然安心できない。

そして運命の決勝ヒートスタート!

なんとまたまたスタート失敗!!!
今度は赤旗は無い!
1コーナーにかけて2番手スタートの英Gさんに並ばれる!!!
がしかし、またまた有利なイン側に居たおいらはトップを死守!
(いや~ほんっと死ぬ気で守ったって感じですばい)

オープニングラップをトップで終え、ストレートで後ろをちら見。
英Gが若干遅れている!
「お!やったラッキー!」
ほんとはね~、内心ドッキドキで後ろ見たんですよ。
真後ろに居たらどうしよう(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
ってな感じですよ~。

ちょっと安心したおいらは気迫のピッチング!
(*゚ー゚)=○)゚O゚)何でやねん

えっとー気迫の走行です。
ちょっぴり後ろを気にしながら攻める攻める・・・

ちょっとづつ2番手の英Gとの差が開いて行く。
そうとう頑張ったよ。
おいらがダンロップを立ち上がり、その左の視界に英Gがショートカットのアウトに掛かる位の差でやっと安心することが出来た。

そうそう、英Gのマシンはちょいと具合が悪いようでしたが、英Gのテクを加えることで後方から迫り来る具合の良いマシンをブロックするには十分のポテンシャル。
楽させてもらいましたね~( ̄ー ̄)ニヤリ

ここからは後方の様子をチラ見しながらペースを落とす。
うん、英G頑張れ!
みたいな感じ。

して、そのままトップでチェッカー!
ちなみに、残り2周あたりでペースがぐっと落ちたのは、前方に周回遅れのマシンが迫っており、スタッフの岩○君がチェッカー振りにくいかな~と思い、前との差を開けるためでした。

見事英狩に成功!

がしかし!
狩人と化したおいらの狩は終わらなかったのである。

あ~・・・レースレポだけこんなに書いちゃった・・・
現在22:10。日ハムが勝ったようだ。
随分放送時間延びたな~、F1何時よ・・・(録画で明日見るか)
後にするとたぶん書かなくなってしまうのでこのまま続けます。

じつはこの日の朝カートランドに着いて見せられたのは、塗り替えられた100ccのコースレコード!!!
なんと前日にOKAっちょが更新していたのだ!

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

忘れ物も重なりかなり意気消沈・・・

レース後の100cc乗り決定!
(ま、もともと乗るつもりでは居たんですがね)

が、なんと今日は100cc祭りのようで、おいらが乗る頃には既に3~4人がドライブ。
ここでいいタイムを出したのはOKAっちょ。
だが昨日のタイムは更新できず。

そしておいらの出番が回ってきた。

いっつもレース後、皆が帰った後に行うこの儀式ですが、数人のギャラリーが居るわけで、それは毎回おいらのレコード更新を見てきている面子。

皆、口から出てくる言葉は
「タイヤが変わったからグリップしますよ」
とか
「あっさり更新しちゃうんだろ~な~」
みたいな感じで、乗る前から必ず更新しなければならないプレッシャーがのしかかってくるのである。

(o´Д`)=з 重いだす・・・

こんな感じで走行開始!

皆が乗ったせいか、聞いていたタイヤのグリップ感が無いのである。
直ぐにクーリングを入れる。
しかも2周。(いつもは4~5周の後に1周入れてます)
そして再度アタック開始!
が、やはり走った感じグリップ感が足りない気がする。
このマシンに走行中にタイムなんか見る余裕はありませんので、こんなもんなんだな~と気を入れなおしアタックを続けるが、3コーナーで突然右フロントがバタバタしだしたのである!
タイロッド折れたか?
と思い見てみるとタイヤは普通に回っている・・・
あっれ~なんだろ~
ん?
あれ?
左右見比べてみると右だけ鬼キャンなのです。
緊急ピットイン。

マシンを降りると皆が拍手で出迎えるではないか。
どうやらレコード更新となったようである。
マシンも壊れ、レコードも更新できたし本日の100ccはしゅ~うりょ~って感じだったのですが

69さん「直ったよ」

ぉお(゚ロ゚屮)屮まぢかよん。

おいら「え~、あと何周残ってますか~?」
69さん「あと3周だね」

3周か~・・・まぁもったいないのでとりあえず乗っとくか!
って感じで(*゚ロ゚)アッという間の走行終了。
ピットに戻ってマシンを降りると、またまた皆が拍手で出迎えるではないか。

ん?

おつかれ~の意味か。と思っていたら

OKAさん「6来ましたよ!6!」
おいら「6ぅ?・・・えーーー」(6秒台と思いました^^;)

どうやら27.636秒でコンマ6の6だったようです。
ということで、OKAっちょ狩成功!

がしかし!のんすとっぷだけに、まだ狩は終わらないのである!

続いてはEX21(通称Aタイプ)によるアタックです!
今回初乗りのマシン(Bタイプも乗った時ありません)
なぜ今になって乗る気になったのかといいますと
2007年2月 18日(日)にツインリンクもてぎで行われる第2回レンタルカートフェスティバルにカートランド代表で出ることになっているようで、先週8耐も終わったことだし、ちょっくら練習がてら乗ってみるべが~ってな感じ。

先程のKT(100ccのことね)の効果か
「遅っ、そ~~」
ってのが第1印象。

前半はKT同様各コーナーでブレーキをあて、ベストラインをトレースするために減速しての走行を続ける。
余裕があるので1度ラップボードを見るがイマイチ速いか遅いか良くわからないタイム。
それもそうで、Aタイプのレコードタイムって何秒だっけか?

後半はちょっくら走り方を変えてみる。
3コーナーや最終コーナーをノーブレーキで走ってみる。

後半に試したノーブレーキ走法でも特にタイムロスは無いかと思ってましたが、良いタイムが出たのは前半の走法だったようで
29.456秒
で、またまたレコード更新となり、Aタイプのレコードホルダーを見事狩る事に成功!
(特に狩るつもりはなかったのですが・・・^^:)

でね、まだ狩りは終わらないのですよ。

今度はBタイプか!?

違うんですね~
AタイプをデチューンしたBタイプは興味ありません。

この記事のタイトルを思い出してください。
そう!それです!

ここカートランドの常連達の間での魔の合言葉。
「なんかのど乾かねっすか?」
である。

この言葉の意味することはずばりジュースじゃんけん!
負けたやつが皆にジュースをおごるというやつ。

これに集まったのはなななんと9名。
まれにみる大人数。
こんな人数でじゃんけんしたらなかなか決まらないんじゃない?
って思うでしょ?
そんなことはないんです。
しばらくはあいこが続くのですが、突然決まっちゃうんですよ。

で、その突然決まっちゃう人になったのが
69さん(いつもお世話になっているカートランドのスタッフ)
よし○み君(今回のビギナークラスウィナー)
そしておいら
の3人
ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
おいらも残ってしまったのである。

負けオーラをまとい最終決戦に挑む!

結果は・・・

69さん・・・

ご馳走様っす!

えぇ、いつもお世話になっているのに、最後は69さんを狩ってしまいました^^;

ということで本日は狩三昧ののんすとっぷ@狩人でした

スポンサーサイト

2006'10'22(Sun)23:50 [ racing ] CM2. TB1 . TOP ▲
COMMENT


1クラス後方・2部会
若人共を押さえきり、走りきったぜW
危うく狩られるとこだったけど。
人には、好・不調の波がある。
オレは、今年、絶好調だったな・・・

そして、Gになっていくのだよ。
2006/10/23 19:59  | URL | シェー部長 #H3RSDWMg [edit]


おいらから見た部長はいつも絶好調ですよ。
おいらもGになるのかと思うと・・・
2006/11/28 00:32  | URL | のんすと #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://nonstoplog.blog3.fc2.com/tb.php/127-af3cde36
trackback
 H◆スプ第3戦 
どもGOKです。 仙台ハイランド カートランド PK-50スプリントレース 第3  

2006/10/25 02:30  カゴの中の鳥



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。