わが生涯に一片の悔いなし  天へ帰るに人の手は借りぬ!!
04≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ひっさびさにキップきられました
しょうちゃんと行った仙台市科学館の帰り道、突然目の前に警備員のような人が飛び出してきた!
なにやら棒で誘導されている・・・

あ、警官だべさ。

なんだべ?

みなさんご存知のように、私は普段とっても安全運転なので警官に止められる理由が思いつかなかったのだが、すぐさま気がついた。

それは・・・・

しょうちゃんシートベルトしてないよ~

独身の私としては、もちろん子供なんて普段乗せないので全然気にしてませんでしたが、しょうちゃんはいつも助手席の下に潜り込んで、座面を台にして頭だけだして遊んでおり、今日も同様に遊んでおりました。

不覚なり!

罰金も無く違反点1点なので財布はノーダメージなのですが、捕まったか捕まってないか!と言われれば、大なり小なり捕まったということが精神的ダメージでかなりへこたれてます・・・

でもさ、本当に皆にシートベルトをさせたいのなら、反則金を取った方が良いと思うんだけどね~。

スポンサーサイト

2006'08'11(Fri)17:56 [ diary ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


私はだいぶ昔に、見通しの良い一時停止の
場所で「ブレーキは踏んでいたけどタイヤが動いていた」とかいうやつで切られました。それ以来捕まっていないですが、良くも悪くも「運」ですよね、警察のあのやり方では。知人には法定速度30キロの場所を40キロで走っていてキップ切られた人もいますし・・・そりゃないだろみたいな。
保険関係が痛いですなぁ。
2006/08/11 19:36  | URL | ta-ke #mQop/nM. [edit]


「ブレーキは踏んでいたけどタイヤが動いていた」
これはかなり微妙ですよね~。
やるせない気持ち察します。

知人の法定速度30㌔の場所で10㌔オーバーで捕まったのは、これまた微妙ですが、これは明らかに10㌔オーバーしているのだから諦めるしかないでしょうね。
でも10㌔オーバーで捕まった話は始めて聞きましたよ。

警察官も人間ですから、警官の機嫌が悪い時に遭遇してしまったのでしょうね・・・
2006/08/16 15:32  | URL | のんすとっぷ #- [edit]


> 「ブレーキは踏んでいたけどタイヤが動いていた」

これは、正確には捕まえられません。。
一時停止の場所では、「徐行していて、交差点の安全確認がされているものを除く」とあります。
つまり、タイアが動いているだけでは、捕まえられないんですね。

ただし、当然の事ながら「徐行していればOK」ではありません。

10キロオーバーを捕まえないのは、いろいろな事情がありますが
一番大きな理由は「計測器の誤差をどの程度認めるか?で争われるとややこしい」ということらしいです。
もっとも、高速道路などでは「周囲の流れに合わせたスピード」であれば捕まりにくいです。

ただし、それでも検挙する場合とは?

交通違反は、反則というゆるーい制度があって青切符は罰金ではなく反則金です。
これは、警察官が青切符を切って、それを認めて反則金の納入で、全てを認めちゃうことになる制度です。
逆に言うと、警察官はかなり曖昧な根拠でも反則切符を切ります。運転者が、納付した時点で反則扱いになるのですが、大抵の運転者は素直に納付するからなんです。

切符を切られても、おかしいと思う場合は、裁判覚悟で「払わない」っていう手もあります。(^^;
もちろん、事情聴取されて「払った方が楽だよ」といわれたり、調書を自分勝手に書かれちゃう場合もあるのですが、検察側が「あ、これは裁判やられたら負けるな」と思ったやつは、納付の督促が来た後は、静かになっちゃう場合が多いです。

まぁ、私は試したくないので安全運転ですけどね。(^^;
2006/09/09 10:46  | URL | 畳屋@遅レス #PzOJF./Q [edit]


畳屋さんコメントありがとうございます。
私も遅レスなんすけどね~

一言でまとめてしまいますと、こういった規則ってのはレースでもそうですが、守らなかったりモラルが掛けてたり(私が言うなって感じですが)する人が多いからなんでしょうね~

ってまとまってないっすね・・・
2006/09/10 13:52  | URL | のんすとっぷ #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://nonstoplog.blog3.fc2.com/tb.php/114-88c89a26
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。