わが生涯に一片の悔いなし  天へ帰るに人の手は借りぬ!!
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2006F1 ROUND13 HANGARIAN GP 【スケジュール&公式予選】
2006 F1 第13戦 ハンガリーグランプリ

★サーキットデータ

ハンガロリンク
4.384km × 70周 = 306.873km
http://www.hungaroring.hu
日本との時差:-7時間

★スケジュール(日本時間)
8/4(金)
 フリー走行1回目 18:00~19:00
 フリー走行2回目 21:00~22:00

8/5(土)
 フリー走行3回目 18:00~19:00
 公式予選     21:00~

8/6(日)
 決勝        21:00~

★メディア
地上波 フジ   予選  8/5 26:15~27:15
     フジ   決勝  8/6 23:50~25:40
CS  フジ721  予選  8/5 20:50~22:30
    フジ721  決勝  8/6 20:50~23:10



久々のF1ブログっす!
昨年のアメリカGPを最後になんやかんやでブログ自体がストップしておりましたが、F1はきちんと見てましたよ。
もちろん今年も見てましたがやっとこさF1ブログです。

で、ぢつはここ3戦ほどスカパーが見れなくなり、しかたがなく地上波で見てたのですが、やはり川井ちゃんの解説がないとしっくりこないんですよね~。ってことで、川井ちゃんの解説が無いんだったら映像もいらないか。(なんでやねん)
と思い、今回は初の試み。

ライブタイミングで劇団ひとり中継開催!!!

が、第1ピリオドは間に合わなかった・・・
気になる結果は、ミハエルがtop
つづいてマッサ。そして最近不調だったアロンソが3番手
そこにライコネン、バトンとつづいてます。
SA06の琢磨は残念ながらビリ3の20番手。
あまりいいタイムは出てないようだ。

第2ピリオドの開始。
なんかライブタイミングのレスポンスが悪いな~
そうそうにコースインしたのは、クビカ。
そしてヤルノ。
ハイドフェルド、ラルフ、ウェバー、クリエン、ミハエル、クルサードとコースイン。
意外と早めにコースインしたミハエル。
第1ピリオドでは僅か5周しかしていないようだ。
ぞくぞくとコースインですね。
アロンソ、フィジケラもコースイン。
バリチェロ、バトンもコースイン。
デラロサもコースインですね~。
そしてここで早くもすごいタイムをたたき出したのは、勿論ミハエル。
1:19:462!
もちろんこれでPITINだろうな。
やはり1LAPアタックで終了だ。(PITINしました)
すげー、昨年のアロンソ(フリー走行時のね)のようだ。

そしてこのタイムにつづくのはなんと、バリチェロとバトン。
同じ19秒台!
しかし、これに割って入ってきたのはライコネン!
19:704!
現在2番手のタイム。

現在19秒台は6台。
最低でも20秒台前半あたりは出しておかないとまずいな。
トヨタ勢はぎりっぎりでいまのとこ10番手で残っている。
そんなとこ、残り時間は2:20。

ん?
ここにきてTOPタイムのミハエルがコースイン。
なぜ?
というか、ここにきて皆コースインしていったようだ。
げげ!
ミハエルがなんと!怒涛の
1:18:875!
おかしいよこの人。
そして終盤にきてアロンソが来ました。
1:19:364で2番手。

ここでタイムアウト。
topはミハエル。
2番手はアロンソ。
3番手はマッサ。
4番手はライコネン。
5番手はバリチェロ。
6番手はバトン。
7番手はデラロサ。
ここまでがなんと19秒台(ミハエルはのぞく)
8番手はウェバー。
9番手はフィジケラ。
10番手はヤルノ。
11番手はラルフ。
といった感じでしたが、噂はやはり本当だった。
アロンソがハンガリーGPでイエローフラッグ無視や進路妨害があったらしく、
そのペナルティーが今回のハンガリーGPでかせられている。
予選の各セッション、2秒程度プラス。
この制裁がされ、アロンソは15番手へと落ちる。
そしてミハエルにもペナルティがかせられている。
こちらは今GPでのフリー走行でレッドフラッグ無視。
アロンソと同じ2秒の加算。
12番手に沈む。

第3ピリオドが始まった。
が、前半は燃料消費のlapだ。
参考にならん!
みな23秒から24秒で走行中。
つまんないので、話をそらそう。

今回ミハエルが12番手、その3っつ後ろにアロンソ。
アロンソが奇数グリッド。
これは決勝のスタートが見ものだな(見れないし)

さて、第3ピリオドも残り7:28.
ぞろぞろとpitinする。

どうやらフィジケラ、マッサの一騎打ちになりそうだ。
フィジケラが出したファステストラップをマッサがばっさばっさと斬って、1:19:886
でTOP。
フィジケラが2番手か?と思いきや、バリチェロが20:496でやってきた。
ここでマッサがpitin!
タイヤ交換だろう。
3番手デラロサ、ライコネン、バトンと続く。
続々とpitin。

みなタイヤ交換をし最後のアタック!

なんとここにきて久々にこの男がきました。
ライコネンPP!
1:19:599
第3ピリオドが自己ベストタイムである。
おそらく前GP同様かなり軽くしてきてのアタックだろう。
この作戦はあたるのか?
そしてセカンドグリッドは初PPならず!
マッサ。
3番手にバリチェロ。
4番手にバトン。
ホンダ好調!
デラロサ、ウェバー、ラルフ、フィジケラ、ヤルノ、クビカといった順位。
やはり2番手以降は、この第3ピリオドのタイムは1秒からコンマ5秒ほど落ちている。
決勝は3回ピットが理論上早いとのこと。
ライコネンは変則3回ピットストップだろう。
ミハエルとアロンソがどこまで来るかでライコネンの順位が決まりそうだ。
この2人が来なければライコネンだろうが、ミハエルの渾身の18秒!
まだわからないね。

第2ピリオドで落ちたミハエル、アロンソはおそらく2ストップではないか?
でもな~、ミハエルのあのタイム。
軽くないと意味無いよな~。
スタートでアロンソに抜かれる訳にはいかないし、ミハエルも3ストップだな!

明日もライブタイミングで見ようかな!

スポンサーサイト

2006'08'05(Sat)22:27 [ Formula 1 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://nonstoplog.blog3.fc2.com/tb.php/111-02d1d664
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。